遠征釣行 新たな可能性

2017.06.22.Thu.22:11
犀川通いも4年が過ぎ、トラウトの顔が見れるのは当然のような釣行が続いています。
そんな中、他県のアングラーの腕の凄さに驚かされ、
置かれている環境の違いを実感する今日この頃です。

つまり、鮎メインが故に大型トラウトの魚影が薄い河川で
実績を残している釣り人は、犀川に来ると高い確率で大型をキャッチします。
そうした現実を見つつ、地元の天候の悪さもあって21日に北陸河川へ修行に行ってきました。
P6213902 (2)
とは言っても、詳しい人にポイントを教えてもらいましたので、
地元に迷惑をかけないよう、川の名前も景色も出せない釣行記となってしまいました。

事前に得た情報では水温的にはヒゲナガがメインの捕食になっているはずで、
深夜に現地に到着して、車中泊から明け方になった段階でのエントリーとなりました。
P6213893 (2)
早朝は、やはり5月の犀川のような激しいハッチが至る所で見受けられます。

そこでヒゲナガに似せた感じのルアーを投げますが、魚からのコンタクトはありません。
犀川に比べると水質はクリアーで、水量的にも漁協エリア上流に似ています。
P6213914 (2)
どう見てもトラウトが着きそうな個所を3つほど巡りますが、無反応のままです。

厳しいものの何かしらのヒントがほしいので、とにかく色々と試していきます。
P6213917 (2)
10時くらいになってもヒゲナガがハッチしており、トラウトの捕食意欲はあるだろうと予測します。

朝から雨が降ったり止んだりで、活性は悪くないとも思いました。
P6213908 (2)
雨は強すぎず濁りを出さないので、夏はこんな状態が理想です。
しかし、小型のアタリのような感じのが1回あっただけで、お昼が過ぎました。

午後は休憩を挟んで、上流方面へ大きく場所を移動します。
P6213928 (2)
渓流のような強い瀬がありますが、逆にポイントが絞れそうです。

夕方に差しかかった段階で、ダーク色の7gスプーンにようやくヒット!
すると小型のトラウトがジャンプして、すぐにフックアウトしてしまいました。

タックルは犀川用のヘビーなものなので仕方がないですが、良いヒントを得ました。
すると、同じカラーのスプーンにばかり小型のアタリが連発します。

乗せられるサイズでは無さそうなので、再び朝の下流方面へ戻り最後の勝負をかけます。
P6213940 (2)
かなりの大場所にダーク色の小型スプーンを送ると、ヒット!
ヒットしたのは小型ですが、やり取り中にフックアウトしてしまいました。

結局、それが最後の反応となって遠征釣行は終了しました。

今回の釣行で感じたのは、とにかくトラウトの魚影が濃くないという事があります。
また、ポイント情報があったにせよ、もっと効率よく攻めるには通っていくのがよく、
狙いのトラウトに合わせたタックルが必要だと思いました。

現地のヒットルアーのリサーチの必要性など、遠征の厳しさを経験できました。
次回はこの教訓を活かして、何とかトラウトの顔を見れたらと思います。
-----------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しています。
多くのアングラーに役立つ犀川情報を目指しています。
応援していただける方は、クリックをお願いします。
      ↓               ↓
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ










トラウトの写真を撮るために part3

2017.06.18.Sun.23:51
さて、part3となった今回は、撮影方法の記事になります。
まだまだ未熟ですが、自分なりにこだわっている撮影方法を紹介します。
ちなみに、次回のpart4で細部の説明となり、今回は主な工夫のポイントになります。

■写真は、大人の世界
釣果の追求だけではなくて、写真にも力を入れようとした時に
雑誌や他のブログの魅力的な写真を見て、これは「大人の世界」だと思いました。
生き物の生命感を美しく引き出す事だけでなく、
魚体の保護を重視する「思想」が、そこに表れているからです。
P7190709(7).jpg
ニジマスはリリース後の死亡率が非常に高いだけに、
生きるか死ぬかは釣り人の扱い方にかかっています。
それは釣り人としての思想ありきの世界が、前提となっている事に気づかされました。

■撮影の主なコツは、たったの2つだけ
自分が撮影時にこだわっているのは、主に2つの工夫となります。
・斜めのレイアウトで撮影する
・片エラだけ水から出す
この2点だけとなります。
これだけで8割は満足できる写真が撮れますし、とても重要なポイントとなります。
どうしてこれが重要なのかは、次に書き出しました。

■余りにも簡単!! 斜めに撮影するだけ
雑誌やメディアに出てくる写真の多くが、トラウトを斜めにレイアウトする写真になっています。
その理由は、写真の余白をなるべく残さずに全体を有効に使うという事と、
長方形の画面に対して、ひし形の魚体が最もバランスよく配置されるからだと考えます。
一般的な写真の対角線の長さは、横幅に比べて1.2~1.4倍ほど長くなっています。
P6010088 (2)
つまり、真横に撮影するよりも斜めに撮影すると
1.2倍以上アップになって、その分質感が出るので美しく見えるようになります。
P9243530 (3)
50㎝に満たないニジマスでもダイナミックに見えます。

■余りにも簡単!!片エラを出すだけ
前回の記事で、トラウトを落ち着かせる工夫として片エラを水から出す方法を紹介しました。
実は、それを行う利点がもう2つも発生し、大変に重要な項目を満たせるようになります。
それは以下の2点です。

・ヒレがピンと張る
自分の価値観では、トラウトのヒレは女性で言うと髪の毛の部分になります。
これが美しいのとそうでないのは大きな違いで、
ヒレの状態はトラウトのコンディションの評価を大きく分けます。
実は片エラにすると、元気のあるトラウトはヒレをピンと張って
その美しいコンディションを披露してくれます。
ただし、トラウトが余りにも弱っているとヒレをピンと張ってくれません。
なるべくダメージを与えずに撮影に臨んでいるのかが成功の鍵となります。
2016102518554576d[1] (4)
コンディションの良いトラウトほど、それを強調するためにヒレを美しく見せたいです。

・目が下に向く
これも片エラだけを出す事によって、成しうるポーズとなります。
雑誌を見てもらうと分かりますが、大半のトラウトの目が下を向いています。
実は、これが非常に重要で、カッコよくなるという利点だけではありません。
目が下に向く余力があるという事は、そのトラウトのダメージが少なく
丁寧に扱っている事に成功している事を示しています。
目が下を向かずに丸くなっている場合は、
死んでいる可能性がある事から、雑誌ではボツとして扱われるようです。
殺したと言われても仕方がないのが、丸い目となります。
322255649.jpg
ヒレと目の向きがバッチリ決まるのは、何故か歌舞伎に似ています。

P7260786 (2)
扱いに失敗してしまい、目が死んでしまった写真。
フックの刺さりどころが悪かったのか?もっと水に入れるべきだったのか?
急激に弱ってしまい、自分で元気に泳ぐようになるまで時間がかかりました。

ただし、ブラウンは元気であっても目を下に向けない個体が多くいます。
目を下に向けなくても元気であれば生き生きとした目をしているので、
その辺はニジマスと違うところです。
P5263428 (2)
ある意味、怒っているかのような目をしたブラウン
理想的に大人しくなったのですが、目は下に向いてくれませんでした。

■斜め+斜めでよりカッコよく
対角線を基準にしたレイアウトに加えて、更にトラウトの顔を斜めに撮影する事で
顔を中心とした魚体のダイナミックさを強調する事ができます。
P3281089 (7)
以前の記事でも紹介した写真
自分の写真の多くは、この手法が大半を占めています。
アングルを変えながら何枚かを撮ると、成功する確率が高くなります。

■大きく見せる
これも斜め+斜めで、大きく見える効果を出す方法となります。
トラウトの顔をアップにして、比較対象となる周囲の物をなるべ画面から排除します。
PB300479 (4)
実際は35㎝ほどの小型のブラウンですが、ぱっと見は大きく見えます。
ただし、この水平ポーズで我慢してくれるトラウトは少なく、
刺激せずにそっとレイアウトしてから素早く撮影します。

■クイックに撮影
時には、ウェーディングしながら撮影せざるを得ない事があります。
それは、岸までの距離が長かったり、近くに浅瀬がない場合などです。
また、デリケートなトラウトほど素早く撮影してリリースしたいです。
P5072243 (2)
ウェーディングしながら撮影したヤマメ
ヤマメはデリケートなので、素早く撮影するように心がけています。
やり方は、ランディングネットを自分の流れの影側に持っていき
ネットのヒモの一部を引っ張り、見栄えがよい状態になった瞬間を撮影します。
これも斜めのレイアウトにすることで、それなりにマシな写真となりました。


今回は、飽くまでもシンプルに素早く撮影する場合における工夫となります。
誰でもできる非常に簡単な事ですので、まだの人は意識してみるとよいと思います。
次回のpart4は、ロッドを画面に入れた完成度の高さを工夫するための記事となります。
-----------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しています。
多くのアングラーに役立つ犀川情報を目指しています。
応援していただける方は、クリックをお願いします。
      ↓               ↓
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ









犀川釣行 10ヒットしたものの・・・

2017.06.15.Thu.22:08
渇水傾向になってきた犀川。
P6143872_(2)_convert_20170615203441.jpg
本来は梅雨による影響を受ける時期ですが、雨は少なく渇水に転じてきています。
変化の少ないコンディションはスレが進行して厳しいものの、今回も勝負すべく14日水曜に出撃。

前回で途切れてしまった大型キャッチを、再び呼び戻す事ができるでしょうか?

平均的な初夏の気温だった殖産エリアのコンディションは、以下の通り。

・気温    13度⇒25度
・水温     14度⇒16度
・水位    ほぼ平常
・水質    弱い白濁り

今回も考えたあげく、大きな流れの瀬尻からエントリーします。
P6143848 (2)
駆け上げりに大型が差している事を想定し、まずはピンポイントで攻める作戦です。

ミノーでは反応がないので、スピナーを送り込んだところ狙い場に差し掛かる途中でヒット!
ヒットの直後に35㎝ほどのレンボーがジャンプしてフックアウトします。

自分のフックシステムだと小型は乗りにくいので、気にせず大型狙いに専念します。
しかし、30分ほどして虫のハッチは終了し、その後も反応を得られず場所移動をする事に・・・

次は、ランの先頭が深場になっていて、そこを重点的に攻めます。
P6143855 (2)
クリアー過ぎず水温もちょうど良いですが、スプーンの実績場所では反応がありません。

そこでリュウキ70Sをスプーンと同じようにゆっくりスイングさせたところ、ヒット!
P6143862 (2)
とりあえず最初の一本となったのは、シルバー系っぽいブラウンで35㎝ほど。
狙いのサイズには程遠いですが、ミノー系に反応するというヒントを得ました。

その後、最後の駆け上がりにディノバ80DRをゴリゴリぶつけるとヒット!
しかし、これも35㎝ほどのトラウトですが、ジャンプでフックアウトしました。

そうして朝マヅメとなる時間帯は終わり、10時頃になると厳しい夏の日差しが照り付けます。
夏の晴れの日中は本当に厳しいですが、その対策として変化の激しい流れを探します。
P61438722 (2)
水温が上昇してきましたので、元気の良いトラウトが入っていそうな瀬を巡る事に・・・

12時頃になって、流れの変化の境目にリュウキ80をスイングさせるとバシッ!とヒット!
今度は手応えのある引きですが、45ほどのブラウンで手前まで引き寄せます。
上流に誘導して後ろから素早くキャッチしようとしたところ、何と交わされてフックアウト・・・

そのすぐ下の瀬でリュウキ80Sにヒットしたものの、ジャンプで40ほどのトラウトがバレます。
ジャンプ中の姿が、どう見てもコーホーサーモンで久々の姿に悔しさが増しました。

午後は夕方まで何をやっても反応なく、5時頃に早めに日陰になるランに行きます。
P6143878 (2)
今度はスプーンに小型がヒットしてバレたので、そのままじっくり攻める事にしました。

プールの先頭に13gスプーンをゆっくりスイングさせると、バンッ!とヒット!
スピードのある引きですが、それほど大きくはないので、今度は冷静にキャッチ!
P63438811 (2)
10時間ぶりのキャッチとなったのは、回復系ニジマス40㎝弱。
大型どころか、普通サイズを出すのが精一杯になってきたので嬉しい1本となりました。

イブニングに差し掛かると虫のハッチが見られ、最後のチャンスに勝負をかけます。
P6143891 (2)
しかし、スプーンやスピナーを投げまくるも、小型がヒットしてはバレるを繰り返します。
そして、大型に実績のあるポイントでも小型がヒットしてバレたのみで終了しました。

結局、1日でトータル10ヒットしたものの、キャッチできたのは小型が2本という結果でした。
夏のコンディションに移行するタイミングにつき、活性は悪くはない犀川・・・
夕立でもよいので変化が来るのを祈って、次回に期待したいと思います。
-----------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しています。
多くのアングラーに役立つ犀川情報を目指しています。
応援していただける方は、クリックをお願いします。
      ↓               ↓
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ